とても便利なサービス

M2Mの利用方法の紹介

M2Mとは、マシーン・ツー・マシーンのことです。機器の間での通信ことを言います。人間が間にいない体で、機器同士がコミュニケーションを行うのです。人間同士の通信のことはH2Hと言います。 M2Mは、携帯通信業界や他の通信業界で機器同士の通信ということで注目され始めた言葉です。M2M通信として、LTEや3Gなど聞きなれた通信手段があります。 利用する方法は、さまざまあります。ドコモでは、デバイスでは自動販売機や監視カメラなどでモバイルだけで決済が行えたり、お子さんや高齢者の見守りサービス、健康管理、在宅医療などが用途として存在します。自動車に取り付けて、ブレーキシステムのついた自動車にすることも可能です。

平均的な価格について

NTTですと、M2Mの通信料金は30MBコースで基本料金が500円です。200kbpsコースは、800円です。初期の設置費用は3,000円です。本体の価格は18,000円です。 KYUCERAは、利用するものに合わせた低価格のサービスを用意しています。そして、アクセスコントロールがありますので、IPアドレスで個別の自動販売機など特定も簡単にできます。導入から運用支援までサポートを受けることが出来ます。時間制限がある定額64Kプランの価格は、290円です。初期費用は3,000円です。時間制限がない、定額64kプランは、550円です。定額200k」プランは900円です。 他の業者でも多くでM2Mを取り扱っています。