データ化して管理 | 業務の効率を上げサポート~ネットシステムによる管理~

データ化して管理

大学では学部がいくつかあり、共通科目ではどの学部の学生も受講が必須となっています。専門科目になると、学部に受講する科目が異なるのでそれぞれの科目を受講することになります。その為、生徒は自分の時間割をきちんと把握しておかなければなりません。生徒の場合は、自分だけの時間割を把握するだけですが、講師は多くの生徒のことを管理する必要があります。しかし、生徒の数が圧倒的に多いと一人一人の情報をきちんと管理する事は難しいです。提出課題も多い大学の授業では、この課題の整理も大変です。管理で困っている大学向けに、情報管理や提出物管理をおこなえるシステムが登場しています。今まで大学では、提出物や書類などは紙媒体で管理していました。システムでは、紙ではなくデジタルデータによって管理を行なうのでとても便利として多くの大学で導入が行われています。

ポートフォリオから以前作った作品を探すと、どのファイルに保存していたのか分からなければ時間が掛かってしまいます。ファイルを見つけても、1ページずつ見て探さなければなりません。このような手間がかかってしまうことから、大学ではデジタルデータによるポートフォリオ管理を行っています。手書きの書類であっても、スキャナーでデータにすることも可能なので多くの大学がこの方法を選んでいるのです。生徒の情報もシステムによって管理することで、きちんと授業に出席しているのかも把握することができます。授業の出席は単位習得にも影響を与えるのでこの管理はとても重要です。業者による管理システムは、場面に合わせて活用できるので学生の就職支援ツールとしても役立っています。